HOME > 講座一覧 > 2級建築士TOP > 合格への道 > メルマガ 2級建築士・一問一答 > バックナンバー

メルマガ 2級建築士・一問一答バックナンバー

「2級建築士・一問一答」 2019/04/22

■□■□■□■□■□■□■□■
 日建学院の
  【2級建築士・一問一答】

    2019年4月22日
■□■□■□■□■□■□■□■

※「2級建築士・一問一答」に登録頂いた方に配信しています。
※「改題」の付記がないものは、出題年度のまま掲載しています。
※正解はメール末尾に記載してあります。

☆2019年学科試験(7月7日)まで残り 76日!

◆問題1(平成24年度 施工19)
 塗装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 屋内のせっこうボード面は、合成樹脂エマルションペイント塗りとした。
  • (2) 屋内の亜鉛めっき鋼面は、フタル酸樹脂エナメル塗りとした。
  • (3) 屋内の木部の素地ごしらえにおいて、穴埋めとして、合成樹脂エマルションパテを使用した。
  • (4) 外壁の吹付け塗装において、スプレーガンを素地面に対して直角に保ち、1行ごとの吹付け幅が重ならないように吹き付けた。
  • (5) 冬期におけるコンクリート面への塗装において、素地の乾燥期間の目安を4週間とした。

◆問題2(平成25年度 法規22)
 建築士事務所に関する次の記述のうち、建築士法上、誤っているものはどれか。

  • (1) 建築士事務所の登録は、5年間有効であり、その更新の登録を受けようとする者は、有効期間満了の日までに登録申請書を提出しなければならない。
  • (2) 建築士事務所の開設者は、事業年度ごとに、設計等の業務に関する報告書を作成し、毎事業年度経過後3月以内に当該建築士事務所に係る登録をした都道府県知事に提出しなければならない。
  • (3) 建築士事務所の開設者は、その建築士事務所の業務に関する所定の事項を記載した帳簿等を備え付け、これを各事業年度末日の翌日から起算して15年間保存しなければならない。
  • (4) 建築士事務所を専任の建築士が管理していない場合、その建築士事務所の登録は取り消される。
  • (5) 建築士事務所の開設者は、当該建築士事務所の業務の実績等を記載した書類等を、当該書類等を備え置いた日から起算して3年を経過する日までの間、当該建築士事務所に備え置き、設計等を委託しようとする者の求めに応じ、閲覧させなければならない。

◆問題3(平成26年度 計画20)
 空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) ガスエンジンヒートポンプは、一般に、契約電力を低減させたい場合や、暖房負荷の大きい寒冷地で使用する場合に適している。
  • (2) ガス吸収冷温水機は、夏期、冬期ともにガスを燃焼させ、冷水と温水を同時に又は切り換えて取り出すことができる。
  • (3) 密閉回路の冷温水配管系には、一般に、膨張タンクは不要である。
  • (4) 気化式加湿器は、一般に、加湿素子を水で濡らし、これに空気を接触させ、空気の持つ顕熱により水を蒸発させて加湿を行うものである。
  • (5) 放射冷房を行う場合は、放射パネル表面における結露を防止するために、放射パネル表面の温度を下げ過ぎないように制御する必要がある。

◆正解
問題1 … (4)
問題2 … (1)
問題3 … (3)

※実際のメルマガでは、解答の解説も紹介しています。

メルマガ 2級建築士・一問一答 お申込み

お申込み
解除もこちらから

おすすめ講座

2級建築士の過去問対策を徹底的に行いたい方におすすめ

コース名 概要

初学者・学習経験者対象

  • Web講座

過去問(eNikken)

過去5年分の問題演習!

このコースでは過去問演習(過去5年分)を行い、苦手分野の集中克服や、特に知りたい問題だけをピンポイントに復習するといった合理的な学習が可能です。

メルマガ 2級建築士・一問一答 TOP

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)