HOME > 講座一覧 > 土木施工管理技士TOP > 合格への道 > 試験のポイント

試験のポイント

科目別出題傾向と学習方法(学科)

科目 試験の内容 出題数 選択数
土木一般
(選択問題)
  • 土工関係
  • コンクリート工関係
  • 基礎工関係
15問 12問
専門土木
(選択問題)
  • コンクリート構造物
  • 鋼構造物・河川・海岸
  • 砂防・ダム・道路・港湾
  • トンネル・上下水道・鉄道
  • 地下構造物
34問 10問
法規
(選択問題)
  • 労働基準法・労働安全衛生法
  • 建設業法・河川法・道路法
  • 道路交通法・建築基準法
  • 港則法・環境保全対策関連法
  • 建設廃棄物対策関連法 等
12問 8問
共通工学
(必須問題)
  • 機械・電気関係
  • 契約関係
  • 測量関係
4~5問 全問解答
施工管理
(必須問題)
  • 施工計画・工程管理
  • 安全管理・品質管理
  • 建設機械
30~31問 全問解答

学習方法

1級土木の学科本試験は、四肢択一式で96問出題され、65問を解答します。
上のように5つの科目から出題され、選択問題と全問必須問題に分かれて出題されています。必須問題の科目はもれなく学習し、選択問題は科目によって学習項目をしぼってしまうのも、効率の良い学習方法といえます。

出題傾向と学習方法(実地)

実地試験では、解答を文章で簡単明瞭にまとめる力が求められます。試験問題は,必須解答の「経験記述」と選択解答する「記述式問題」の2種類があります。

【経験記述】(必須問題)

受験者の実務経験を見極めることが目的で、全員が必須で解答しなければなりません。過去に携わった工事の工期、施工量、施工方法、現場の状況、施工上の問題点、解決に向けての検討事項、実施した対策処置について、事前に整理しておくことが大切です。

【記述式問題】(選択問題)

選択問題(1)(2)の2グループから5問ずつ(合計10問)出題され、各々3問(合計6問)を選択解答します。出題範囲は土工・コンクリート工・施工計画(環境保全)・安全管理・品質管理などで、学科試験の勉強知識が役立ちます。うろ覚えの知識をいかに確実な知識に高められるかが重要です。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)