HOME > 講座一覧 > 2級造園施工管理技士 > 短期集中コース

今始める方に
おすすめ!

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

2級造園施工管理技士短期集中コース

開講日 2019年9月上旬

自宅学習+通学講座で合格へのフルスペック学習を

短期集中コースの受験対策は、基本自宅学習から始めます。基本自宅学習は、約3ヶ月間の通学講座に備えて仕事と学習の両立を図るため、自分にあった学習リズムを身につける学習期間でもあります。通学講座は学科試験対策が10回、実地試験対策が5回、模擬試験も含めた全15回の、フルスペックの学習内容で合格力を養います。

講座概要

対象者 初学者・学習経験者
受講形態 通学(教室型・個別型)講座
学習期間・回数 約3ヵ月・20回
標準開講日 2019年9月上旬
教材配付日 2019年9月上旬
受講料
  • 通常 80,000円 +消費税
  • 教材費は受講料に含まれています。
  • 特典割引をご利用される場合は、各校窓口にてお申込みください。

お申込み

インターネットからお申込み

通学講座申込み

カリキュラム・講義内容

基本自宅学習[全5回]

自宅学習で基本知識を身につける
全5回で構成されている自宅学習は、通学に向けての基礎力養成を目的としています。
造園原論・造園材料:1回 植栽、造園施設:1回 土木工学、関連工事:1回 測量・設計図書、施工管理:1回 法規:1回

学科試験対策講座[全10回]

9月上旬

短期集中!映像学習&テストで合格力を養成する
学科試験合格に必要な知識を総合的に習得することを目的としています。
造園原論:1回 造園材料:1回 植栽:1回 造園施設:1回 土木工学:1回 関連工事、測量、契約・設計図書:1回 施工管理:1回 法規:1回 学科問題解説 :2回

実地試験対策講座[全6回]

10月中旬

●実地試験対策(全3回)[経験記述問題+記述式問題対策]
実地試験は、学科試験の正誤の判定とは違い記述で解答する方式です。記述で解答するには、解答に必要な知識を理解してそれを文章にする力が必要になってきます。この知識プラス文章力を習得にするための講義です。
●実地演習問題解説(全1回)
実地の記述式問題において重要度の高い問題を厳選した演習問題解説講義です。本試験前の実地試験対策の最終確認として役立ててください。
●学科模擬試験(全1回)
●実地模擬試験(全1回)
模擬試験は、全国一斉に行われる本試験と同じ形式の模擬テストです。"あなたの学科及び実地の実力がどれぐらいなのか"が解ります。この結果に基づき教材で弱点を補強してください。

本試験( 11月第3日曜日 )

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

出題傾向を徹底分析、わかりやすい「 オリジナル教材」

日建学院の教材は、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。

  • 受験対策テキスト
  • 受験対策問題集
  • 学習ガイダンス
  • 自宅学習用テキスト
  • 基本問題集
  • 用語集
  • 宿題
  • 実力養成テスト
  • 実地試験対策テキスト

受験対策テキスト

試験に合格することを第一の目的に過去の試験問題を徹底的に分析し、最も効率よく理解・記憶ができるように編集したテキストです。

受験対策問題集

問題集は、問題と解答解説を合わせて記載しているため、頁をめくることなく解答のチェックができ、各問題がその場で理解できます。また、出題科目ごとにまとめてありますので、弱点部分の補強にも大変便利な構成になっています。

自宅学習用教材セット

自宅学習用教材セットは、覚えていただきたい基本的な知識を自宅において学習してもらう目的で制作されています。これらの教材を使って、通学講座が始まる前までに、試験に対応できる基礎力を万全にします。
●学習ガイダンス ●自宅学習用テキスト ●基本問題集 ●用語集

宿題

自宅で行う予習用の教材で、講義のポイントを事前にインプットすることを目的としています。

実力養成テスト

宿題や講義で学んだポイントの定着度合いを測るアウトプット教材。
テストの結果は、自己管理ノートに記録して進捗具合をチェックし、学習度合いの客観視や弱点把握などに役立てます。

実地試験対策テキスト

実地試験で出題される経験記述の「記入上のポイント」や記述式問題に対する「留意事項」、実際に書いて覚える練習を行うための「演習問題」等を網羅したテキストです。

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年始年末を除く)