HOME > 講座一覧 > 2級建築士TOP > 合格への道 > メルマガ 2級建築士・一問一答 > 配信の解答と解説

メルマガ 2級建築士・一問一答配信の解答と解説

2019/07/22  配信の解答と解説

問題1

仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

【正解 3】
単管足場の建地の間隔は、けた行方向を1.85m以下、はり間方向は1.5m以下とする。労働安全衛生規則第571条1項一号。

問題2

地盤の液状化の判定に関する下記の文中の【 ア 】~【 ウ 】に当てはまる用語の組合せとして、最も適当なものは、次のうちどれか。

【正解 1】
液状化の判定を行う必要がある飽和砂質土層は、一般に、地表面から20 m程度【ア】以浅の【イ】沖積層であり、、考慮すべき土の種類は、細粒分含有率が35%【ウ】以下の土とする。

液状化地盤における基礎構造の設計の流れは、「①液状化判定と地盤変形予測」、「②液状化を考慮した基礎の設計」に分けられ、このうち、液状化判定における対象とすべき土層は、飽和砂質土層で、一般に、地表面から20 m程度以浅の沖積層で、考慮すべき土の種類は、細粒度含有率が35%以下の土である。

問題3

鉄骨工事における建方に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

【正解 5】
トルシア形高力ボルトを使用した場合は、締付け完了後、すべてのボルトについてピンテールが破断されていることを確認するとともに、1次締付け後に付したマークのずれにより、共回り・軸回りの有無、ナットの回転量及びナット面から突き出たボルトの余長の過不足を目視で検査し、いずれについても異常が認められないものを合格とする。JASS 6。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)